WordPressの自動挿入されるpタグを削除する方法

カテゴリー:WordPress    |    タグ:

WordPressの自動挿入されるpタグを削除する方法

WordPressにはpタグを自動挿入してくれる機能(auto paragraph)というものがあります

この自動で記事を整形してくれるやっかいな機能があるため、たまに意図しないような出来上がりとなっていることもあったりします。

auto paragraphという機能

詳細はこちらに載っています。

意訳すると、テキスト内の2行以上の改行を段落に変換しますよということが書かれてあります。

WPさんがちょっと気を利かせて、正しい構成にしてくれる機能です。

WordPressの自動挿入されるpタグを削除する

ですが、ちょっとその気遣いは「No, Thank you」という方に

削除する方法は、functions.phpに以下のように記述します。

これで、自動的にpタグを入れられることがなくなります。

個別に削除する場合

上記の記述だと全体になってしまいますが、あるところ(例えば、single.php)だけという場合は、

と、直接テンプレートに書いて対応することが出来ます。


投稿タイプで削除する場合

投稿タイプ別で止めたい場合は(今回は固定ページ)

となります。

プラグイン「PS Disable Auto Formatting」

自動挿入されるpタグを削除するのは、上記のコードで対応できますが、これまで書いてきた記事のレイアウトが大きく崩れてしまうことがあります。

記事数が少なければ手直し(手動)で対応すればいいかと思いますが、たくさんある場合だと大変です。

そんなときは、このプラグインを使ってみるのもいいかも知れません。
ちょっと古いですが、作成者の方は日本の方です。


ちなみに、ビジュアルエディタでは

Enterで「Pタグ(段落)」が挿入、Shift+Enterで「brタグ(改行)」が挿入だそうです。

奥が深いですね。WordPressは。。

ADVERTISEMENT

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

published:2013/12/14    Written by:
カテゴリー:WordPress,      タグ:

最後まで読んでくれた方へ。

閲覧頂きありがとうございました!
お気に召しましたら是非RSS登録やフォローをお願いします!

Twitter

関連記事

memo

【Stinger3カスタマイズ】バージョンアップしたのでこのブログで変更したところを書き留めておく備忘録 #3

つい最近デザインを変更してみたのですが、どうにもノリノリでかけなくなってしまったのでまたデザインを元

記事を読む

image

少しの手間をかけて抜粋部分を表示する。だってそれは読んでほしいから!

この抜粋部分に意図しないものが入ってしまい読んでほしいブログが残念な感じにならないように。 抜粋は

記事を読む

piyo

子テーマ「Stinger-minimum」の全貌を備忘録+CSS3のtext-shadow

子テーマ「Stinger-minimum」をリリースしてから早いくとせ。。経ちました最近ブログにお問

記事を読む

Stinger-minimum

子テーマ"Stinger-minimum"を新しくなった「STINGER5」用に作りなおしました。

最近新しくリリースされた「STINGER5」html5でレスポンシブにされており内容も充実して更にパ

記事を読む

side-no

Stinger3でスマホ用子テーマを使っている方はここにご注意だ!と思ったところ

最近スマホ用子テーマを作成したのですが、その方のブログを見たときはっ!っとなり、気になったので。

記事を読む

コメントを残す

2件のトラックバック

ADVERTISEMENT
nijisan

Written by niji_sansan

生まれ落ちた地は神戸。
鉄成分入ってるものに興味あり!
キイロイトリが好き!
感動すると「ほぅ」と言いますw

  • 2017年6月
    « 12月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
電子書籍ストア BookLive!
PAGE TOP ↑